卯月神楽の話

自分がトライナリーをプレイするキッカケでもある卯月神楽の話もしようと思う。

別にキャラクターの紹介やプレゼンでも無ければ攻略情報でもなくて、本当にただただ感じた事を書くだけ。


先日書いた通りそもそもの始まりは卯月神楽だったので、プレイの最終目標も卯月神楽でした。

彼女のキャラソンは平山さんの伸びのある歌声に不穏な歌詞が合わさりオタク特有の早口もある。

詳しくは実際に曲を聴いて欲しいところだけど、要約すると彼女が抱えている深い闇について触れている。

実際にゲームをプレイすると見た目は可愛らしいし、つばめに対してやたらイチャイチャしようとしてキマシタワーが建立されていた。

中盤からようやく怪しい部分を見せてきて、後半に入るところでなるほどとなった。

一週目が終わり神楽チャンネルが解禁されてようやく彼女の事がわかると胸を躍らせた。(ちなみにチャンネルを始める際には女の子の内面に触れる「らぶとーく」と言う機能があるが神楽の場合はのめり込むと非常に危険なのであまりやらないようにと釘を刺される)

ストーリーは言わずもがな重い使命を持っており、その中でのダブルバインドに苦しむ彼女を支えるのがプレイヤーの大きな役割になるけど、彼女は本当に口が悪い。

徐々にプレイヤーに心を開いてくれるが、それでも、それ故にこちらには黒い感情をぶつけてくる。

自分はあまり生の感情をぶつけられる事に慣れていないので正直少し怖いと思いつつも、ぶつけられる相手が自分しかいない事に悲しみを感じたりもした。

ストーリーをクリアし彼女の事は理解したつもりではあったが、そこから更に信頼度を上げ「らぶとーく」を進めて行くと突然別れを切り出される。

話を聞いて行くと「あなたの事を好きになってしまった」「自分は近くにいる人間には絶対に真っ黒い強い感情をぶつけてしまう」と告白された。

普通のギャルゲーなら攻略完了じゃんやったぜ!となるところなんだが、自分がトライナリーをプレイする上で心掛けていた事は彼女達に対して誠実でいたいと思っていた。

選択肢にはよく「愛している」とか「結婚しよう」みたいなのがあったがそういうニュアンスの物は選べなくてどちらかと言うと親愛の選択肢を選んでいた。

だから神楽の告白に対しても「そんな事平気だよ」「絶対に神楽の事は見捨てないよ」と言える選択肢は出てきたが俺には実際に出来る自信がなかった。

悩んだけれど彼女の事を支えたいと言う気持ちは本当なので実際にどうなるのかわからないまま、とりあえず神楽とは恋人になった(実際にゲーム内のステータスとして友達→恋人→夫婦とランクアップしていくらしい)

ここでもうゲーム終了となってしまい、実際に彼女から感情をぶつけられる事はなく、神楽に対して嘘をついて終わってしまったのが心残りの1つ。

セルフクラン相手にならぴょんこスキしまくったのにね。


おわり

拡張少女系トライナリーの話


先日『拡張少女系トライナリー』が終了しました。
「お前がプレイしていれば終わらなかったのに終わりが決まってからプレイしてピーピー喚くんじゃないよ」って言われてしまうとその通りなんですが、色々とタイミングが重なった結果のプレイで終わると決まらないと踏ん切りもつかなかったのでその節は本当に申し訳ないと思う。
優しい人が「プレイしてくれるだけでいいんだよ」って生易しくしてくれることを期待しています。
もうこのゲームについて長文を書くことは無いと思うのでせっかくだから思った事を出来るだけ書いていこうと思います。

元々ゲーム自体はアイマスにも出演している平山笑美さんのツイートで知り、リリース直後にプレイをしたもののゲーム自体の重さと内容の複雑さにリタイア。(ちなみに最初のプレイではアーヤを進めていた、エピソード2くらいまでだけど)
初期は平山さんが声をやっている神楽ちゃんはチャンネルが解禁されていない事もありその後は特に触れることはなくたまに情報を目にする程度で今年の6月が来ました。(神楽チャンネルが解禁されたニュースも見たがもうミリシタがリリースされていた事もあり普通にスルーしていた)

今年の6月に何があったかと言うと平山さんも出演するミリオンライブ 5thライブですね。
そのライブの直後に平山さんの演じるFrey MENOWのアルバムをダイレクト・マーケティングをするツイートが流れてきたんですね。
平山さんの歌が好きでPRESTARで出た曲も買ったりはしていたのだけど、こっちは全く気付いてなく初めて知ったので良い機会と思い神楽ちゃんのキャラソンと合わせて購入。
仕事の合間にちょこちょこ聞くようになりました。
メノウちゃんの曲はもちろん良かったのだけど、神楽ちゃんのキャラソンで「この子はどんな子なんだろう?」という疑問が徐々に膨れ上がってきました。
MVには無いけどフル版だとオタク特有の早口で黒い台詞を喋ってくれます。

そうこうしているうちにゲーム終了のお知らせが流れてきました。
この機会を逃してしまうともうこの子の事を知る機会が無くなってしまう、と意を決してプレイ。
神楽チャンネルを解禁するには他の誰かを一人プレイしないといけないと思い少し決意が揺らぐもガブちゃんの可愛さでカバー、ストーリーが複雑で混乱するものの雰囲気でプレイする事でカバー
そんなこんなでガブちゃんのストーリーが終わり、念願の神楽チャンネルが解禁。
ここからはリプレイス作戦となり、ストーリーの復習もあったおかげまでようやくストーリーが理解出来たかな?レベルまで成長。
後半は選択に次ぐ選択。
もう誰を信用できるのか、信用して良いのかがわからんくて「誰か正解をくれ〜」って気持ちで選んでいた。
リアルタイムプレイでは無かったため総意としての参加は出来なかったけど、プレイヤー(botと呼ばれる)達の選択によって世界が変化していっているのを追体験し(総意になれたけどマイノリティだった人達も似たような気持ちなのかもしれない)

最終的にはただただトライナリー(特に神楽ちゃん)のメンバーが幸せになれる事を祈って選択をする事に決め、エリカには犠牲になってもらったりもした。
トライナリーの発症についてはその頃にはエリカの言う事は信じていたし、神楽の決意を信じて送り出したかったから、あまり迷いは無かったけど後で思い返すとこれ天使化させた奴らと同じ事やってるなーなんて思ったりもした。

それからトライナリーの話で欠かせないのがソイルトン 、彼は突然出てきて色々と話をしてくれたんだけど最初は正直怖かった、ローディング画面とかに出てくる顔が突然喋り出したような気分だった。(Undertaleのプロローグのアレみたいな気分もあった)
でも隣の世界のbotが出てきたあたりからこっちに協力してくれて、特にライフギャザーの掌握については完全に彼のおかげだったのでとても救われた気持ちになった。

今までプレイしていたネトゲやソシャゲがサービス終了する事は何度か経験しているけど、もう完全に熱が引いた後だったので「あー、終わるのかぁ」くらいの気持ちだったのでけど(ミリオンライブについてはミリシタがあったしこっちのが自分には合っていたからね)
熱が高いうちに終わってしまうと言うのは初めての経験で、これが終わりなんだなぁと実感してしまった。

今の自分にできる事は彼女達の事を1日でも長く考えてあげる事なのかなと思うし、願わくばトライナリーに命を吹き込んでくれた彼女達がこの先輝かしい道を歩ける事を祈っています。

最後に逢瀬つばめちゃんのキャラソンがとても好きになったので聴いてくれると嬉しいです。
Metropolitan medicine 〜宇宙の法則でTOKYO〜

Metropolitan medicine 〜宇宙の法則でTOKYO〜


終わり